深夜の方が変動することが大きい取引|FXの始め方講座|初心者がFXを始めるための10の事

深夜の方が変動することが大きい取引

FXは24時間取引ができます。また、夜から深夜にかけての方が変動することが多く、口座を開設するなら深夜にも対応してくれるところを選ぶ方が安心できます。深夜や早朝などでも対応してくれるところがあります。

24時間サポートしてくれる業者を利用する

一般的な会社は、平日の日中のみ営業しています。銀行の場合だと、朝の9時から昼の3時ぐらいまでの所がありますが、5時ぐらいまで営業しているところもあります。窓口は3時で終わっても、それ以外の取引であったり問い合わせなどはもう少し遅くまで対応してくれます。FXも金融サービスの一つですから、日中に対応してくれるところであれば良いかです。この取引の特徴は、24時間行えることです。ですから深夜に取引することもあり、その時にトラブルに遭うこともあります。新規口座開設するのであれば、24時間サポートしてくれるところを選んだ方がいいでしょう。

デモトレードで試してから正式に利用

銀行で円預金をするとき、予測できない損失などはあまりありません。定期預金に預ければ、その期間設定されたままで、利息も予定通り受け取ることができます。しかし、金融サービスの中には、将来損失が発生する可能性があり、予測や損の発生の仕方がわからない場合があります。FXは大きく儲けられる可能性のある取引ですが、同様に損失も出る可能性もある取引です。新規口座開設をするのであれば、デモトレードがあるところで試してから正式に開設するのが良いでしょう。使いやすい、利益や損の様子がわかるようになれば、安心して取引ができます。

初心者なら少額資金から始められるところ

銀行にお金を預けるとき、1円からのこともあれば、1万円や100万円等からしか預けられないこともあります。もしリスクのある商品だと、いきなり多くのお金をリスクにさらすのは良くありません。FXの場合、1万通貨から取引ができるところが多いです。1ドル100円だとすれば100万円分の投資になります。証拠金はその25分の1からで行えますが、1円で1万円の損得が発生してしまいます。新規口座開設を初めて行うのであれば、少額資金から始められるところを探してみるとよいでしょう。千通貨であれば1万通貨の10分の1の資金で、損益の出方も10分の1から行えます。

まとめ

FXは為替の動きを利用して資産運用をすることができ、効率的な投資が可能です。ただし何も知らずに行うのは良くなく、まずはデモトレードで試してから利用した方が良いでしょう。でも口座がある会社を選びましょう。

案件紹介

コラム記事