外国の通貨を取引で扱うときの注意は|FXの始め方講座|初心者がFXを始めるための10の事

外国の通貨を取引で扱うときの注意は

資産投資の1つの形としてFXというのがあります。その資産投資でははじめに他の方法と違って取引を始める前に何よりも十分な研究と対策を行う必要が生じます。というのは投資というのは言い換えれば1つの博打であり、他の方法に比べて損害を負った際の痛手があまりにも大きいからです。

まずそれはどんな取引で成り立つのか

まずはじめにFXというのは外国通貨為替取引のことを指します。この外国通貨為替取引というのは、最初に専門の取引業者にアクセスして、そこの専門業者の口座を保有し、そして気になるどこかの外国の通貨を購入します。外国の通貨を購入すると、購入した時点よりも円安になった時点を狙い、そこで売りに出します。例えばドルを購入する場合は、円相場が1ドルが100円だと10000円購入すれば100ドルになります。その後に円相場が110円になって100ドル売れば11000円になります。その結果は1000円の儲けになります。ただこれでは取引業者の儲けなくて商売になりませんから手数料をいただくことになります。ちなみに今の業者は手数料ではなくてスプレッドと称した別のやり方で取引額に応じて手数料を変動徴収しています。

この取引はハイリスクハイリターンが運命の左右

さらにこのFXという外国通貨為替取引ではより儲けを出しやすいようにルールの設定がなされてるということです。そのルールというのはレバレッジという倍率を賭けての取引となります。倍率を賭けて取引するから10倍の倍率だと1倍の倍率で1000円儲けだと10倍で10000万円になります。実際に取引をする人の多くは何十万円や何百万円を動かして倍率を10倍以上に設定していたりしますから儲けが出れば相当な金額となります。しかし問題はこの取引は一種の賭けであることです。儲けをデカくできるということは損害もデカくなるということです。その損害を出すときは円高で売りに出さないとならないときとなります。

なぜ損害を出す人が多いのかは時間切れだから

ここで気になることは損害が出るときは外国通貨を購入した時に比べて円高の時点で売らなければならないときとなります。では円安になるまでずっと待てばいいではないかと考えたくなります。しかしこれがFXが一方的に旨みが出ないようにできてる取引の所以となります。その別のルールは強制ロスカットの存在となります。その強制ロスカットというのは売りに出すまでの残された時間設定となります。この時間設定が短くて何年も待つことを許さないからです。このロスカットの時間は自分では決めることができません。そのため見通しを誤って取引をしてしまうと、円安のチャンスを失って残された時間が少なくなってしまい、仕方なく損を覚悟で最終結末を迎えます。そしてレバレッジと投資額が大きいほどその損害も大きくなります。

まとめ

FXは外国の通貨を円安にした時点で儲かる取引だが、レバレッジと強制ロスカットのルールがあるため、よりハイリスクハイリターンな取引となります。そのためこの取引をする前にははじめに相当な念入りの円相場の調査と今後の読みがかなり重要視されることになります。

案件紹介

コラム記事